細川の心にグサッと刺さった名曲ランキングBEST5【UVERworld編】

細川の心にグサッと刺さった名曲ランキングBEST5【UVERworld編】

慶應大学の三田祭前夜祭でUVERworldのライブに行った時、僕は初めて曲の歌詞で鳥肌立ちました。僕は彼らに完全に惚れてしまいました。歌詞、曲調、トーク、全てが一流でかっこよすぎました。
そんなかっこよすぎるUVERworldの歌詞を多くの人に知ってもらいたい!!と思い、今回はランキング形式で数ある名曲の中から個人的に5曲厳選して発表したいと思います。

第5位『WE ARE GO』

「uverworld we are go」の画像検索結果 

We are 動かない臆病者なんかじゃない

We are どこまで行けるか 死ぬまで挑戦者

We are 笑われても良い クソッタレ共に

We are 喰らわせろ 行こう

We are そろそろ出番だ 名を呼ばれるのは

We are そして最後に笑ってるのは

We are 何もかも失ったって未来は残ってる

「どこまで行けるか 死ぬまで挑戦者」
このフレーズはめちゃくちゃ響きました。やっぱり人間って生きてく中で安定を求めがちだと思うんです。自分もどっかのタイミングで「まぁこのへんでいいか。もう十分やったよな」と思ってしまう時がきてしまうと思います。だけど、歩みを止めてしまったら見える景色は変わらないし、面白さやワクワク感もなくなります。自分自身、無限に成長するためにも、周りの人と比べず、周りの人に合わせずに生きて生きたいなと思いました。

第4位『PRAYING RUN』

 

「uverworld praying run」の画像検索結果

“俺がお前に勝つとか負けるとか これが叶うのか叶わねぇのか

それができるのか できねぇのかは 全部やって確かめりゃいいだろう

右と左どちらが正解 押すべきか引くべきか

それが幸と出るか不幸と出るか 全部やって確かめりゃいいだろう

意味があるのか無いのか 結果が出るか出ないか

もっかいやっても無駄か 全部やって確かめりゃいいだろう

これがホントの最後か もう手遅れだったとしても

答えが決まってたとしても 全部やって確かめりゃいいだろう”

 

やらないで諦めること、やってないくせに知った気になることって多いと思います。いわゆる食わず嫌いですね。僕も自分で経験してないくせに勝手に物事を決めつけてしまうことがあります。やっぱり物事の実態を知るには本やYouTubeで知ろうとするのではダメで、自分の目で実際に確かめないといけないのかなと思いました。何事もまずはやってみるということを大事にしていきたいと思いました。

 

第3位『ALL ALONE』

「uverworld we are go」の画像検索結果

“死ぬ間際に お金や物を欲しがる人なんて居ないでしょう?

僕達はそんなものを 探す旅をしているんだろう

きっと世界が無くした物だろう 正しい愛と夢

お前らに 言ってんだよ

Lonely

この世界の dislike 一番本当に悔しくて許せない事は

この 本気で追いかけて来た夢も値札が付いてなくちゃ 見向きもされない

認めちゃくれない

Lonely

いつかこのままじゃ 掴めずとも 伸ばしてた手も

下ろしてしまうんだろう?

そしていつか この許せないと言って泣いた

意味も夢も 忘れて行くの?”

“Lonely

自分自身の dislike 一番本当に悔しくて許せないことは

この 特別な才能を持って産まれて来れなかった事なんかじゃない

この世界の

どうでもいい心無い言葉やただのフレーズに押しつぶされそうになって全てを

一瞬で捨ててしまいそうになる事”

この曲はめちゃくちゃ心に響きましたね。初めてこの曲を聞いた時、とても心が洗われてスッキリした記憶が残っています。この曲は誰もが当たり前だと思っている世の中の虚しさを気づかせてくれます。誰かのせいで、世の中のせいで知らず知らずのうちに自分の夢や自分の気持ちを殺して生きていくことは賢明だと思われがちですが、どこか虚しいですよね。本当の自分を殺して、夢や希望を社会に適合するようにすり替えて生きていく人生。虚しいですよね。自分の気持ちを大切にすること、自分が本当に求めていることを無視してはいけないなと思いました。

第2位『在るべき形』

「uverworld 在るべき形」の画像検索結果
“誰が僕のこの未来に絶望していたとしても
自分自身が終わってないかどうかだろう”
結局、何事も自分自身で決まってくると思います。やるかやらないか、続けるのか辞めるのか、選択するのは全て自分です。人に無理と言われたから諦めるというのは一番ダサい言い訳です。自分じしんをどれだけ信じきれるか。これにかかていると思います。

第1位『一滴の影響を』

「uverworld ittekino」の画像検索結果
“身に起こるその数十% 自業自得でも
残りの数% 誰のせいでもないその不平等を
許せば進めるし 恨みは立ち止まらす
君自身のことも許してあげてよ”
“一番いけない事はさ  自分はダメだと思うこと
誰のせいでもないことを 自分のせいにして
今日も君は生きている”
「なんで俺はこんなにできないんだ!!」「いつもうまくいかないじゃないか」って思う時ってありますよね。僕もなんども自分に嫌気がさしたことがあります。でも、よくよく考えてみると自分のせいじゃない仕方のないこともあります。単純に運が悪かった、タイミングが悪かったからダメな時もあります。そんなどうしようもできないことを全て自分の責任として受け止めると精神が持ちません。「どうしようもできないことは許して受け入れないと前へ進めない。恨んでも、憎んでも立ち止まるだけ。」という大切なことをこの曲は気づかせてくれました。
以上、細川の心にグサッと刺さった名曲ランキングUVERworld編でした。友人に「俺今UVERworldにハマってんだ」というと「えっ?UVERworldってなんか中二病くさくない?」と言われます。確かにUVERworldの歌詞は現実的というよりは「俺らの理想をどこまでも追いかけて行こうぜ」と言った夢見る少年系の歌詞が多数あります。だけど、僕はそんくらいがちょうどいいと思っています。社会のシステムに飲み込まれて自分を失うくらいだったら理想を追い求めて挑戦していく人生の方が楽しいじゃないですか。
UVERworldの歌詞は挑戦するものの背中をまちゃくちゃ強く押してくれます。守りの姿勢に入りたいな、もう諦めたいなと持った時はUVERworldの曲を聞いて勇気をもらおうかなと思います。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です