努力するのは当たり前

おはようございます!細川です。

「てか、努力してます??」

と言われたらなんて答えますか??

今回はすごく当たり前の話をしようと思います。

 

 

 

結局、「俺は何が何でもやってやるんだ」と言う気持ちがないと物事って成し遂げられないと僕は改めて感じました。

 

確かに、どこで学ぶか、どのようにやるかが一番重要です。

だけど、それらは血のにじむような努力をすることが大前提なんです。

かっこいい言葉なんていりません。ただ、がむしゃらにやらなければなりません。僕は完全に舐めてました。ノウハウや環境が結果を出してくれると思っていました。才能なんて1mmもないのに。

やらなきゃ成果にならないのは当たり前

「成果」の画像検索結果
僕には努力しても報われなかった過去があります。

ガムシャラに練習したのに3軍から上がれなかった部活動、ガムシャラに勉強したのに16校受けて1校しか受からなかった大学受験。

僕は成功を求めるあまり視野が狭くなって、いつも大切なものを見失っていました。気持ちに余裕がなさすぎていつも空回りしていました。

そして頑張ってもうまくいかない経験が重なるにつれて、僕は頑張ることが怖くなりました。

「俺は頑張りすぎると自分を客観的にみる余裕がなくなる。だから、俺は頑張りすぎない方がいい」

という考えが次第に生まれてくるようになったのです。

でも、ネットビジネスってやらなきゃ儲からないんですよ。やり方うんぬんの前にやらなきゃ儲からない。

依存マインドを持っている限り結果を出すことはできない

「執着」の画像検索結果
「やり方が良ければ儲かるんでしょ」

「効率が良ければ儲かるんでしょ」

と言った考えは初心者が持ってはならないと改めて感じました。

東大合格率No.1の塾に入っていたとしても、勉強しなければ東大に合格することはできません。

どんなに最強のポケモンを持っていたとしても、そのポケモンをバトルに使わなかったらただのコレクションです。

僕は最高の環境に出会うことができ、最高の環境で学ぶことができています。

なのに、そこで必死に慣れてない自分がいます。

結局、稼ぐということを自分ごとだと捉えられてないんですよね。どこか、人任せにしている。

「この環境に入ったから俺は安心」

「この人に言われた通りやっていればいいんんでしょ」
「この方法が稼がせてくれる」
という気持ちがどっかしらにある。だから作業が中途半半端になる。
「この問題は〇〇が解決してくれるだろう」
と今の僕は自分の問題なのに、他人に解決してもらおうとしています。

そんな依存しまくりのマインドのやつが結果を出せるわけがありません。貧弱マインドにも程があります。

「俺ががこの問題を何としても解決するんだ」

「環境とかノウハウとか関係ない。俺は何がなんでも成し遂げるんだ」

という気持ちがなければモチベーションなんて怒るわけがないんです。
あの人が解決してくれるだろうという気持ちは捨てるべきです。

あとがき

最近は
「1日10分の簡単作業で月収30万!!!」とか「短時間で誰でも初月から20万稼ぐ方法!!!」などと言ったように手軽さを売りにしてるセールスが目立ちますよね。
手軽にできて稼げる!と言うのは確かに魅力的です。
だけど、現実は全然手軽ではありません。
特に資金も知名度もコンテンツ作りも0の状態からビジネスを始める場合、時間と手間は必ずかかります。
みなさんは「手軽さ」に騙されないでくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です